2015年01月25日

角餅と丸餅の違いは餅つき大会にも!

新春の餅つき大会がありました

餅つき大会

きな粉餅と、あんこ

で、、この形なんですが、たくさんの人を相手に餅を配るために
丸めるのを省略しているんだな
と思っていたのですが、実は、コレで完成系なんだそうです

関東は四角い餅、西日本は丸い餅の文化で違いがあるのは知っていたけど、
餅つき大会の違いまでは考えてもいませんでした

西日本では、餅つき大会でついた餅はあったかいうちに一つひとつ人の手ですべすべに丸められます
ところが、東日本ではちぎるだけでOK!
ちぎった餅にきな粉をまぶすかあんこをつけるかで、完成。

餅つき大会で餅を丸める作業がないだなんて〜
カルチャーショック

四角い餅を作る時は、ついた餅を台に広げて一気に包丁で四角に切り出すんだそうです。
なるほどスピーディーで衛生的?
いやぁ文化の違いって面白いですね
でも食べる分には味は一緒で何の問題もないのでOK


  



-----------------------------------------------------------------------------
和菓子ブログランキングに参加しています!宜しければ、応援クリックお願い致しますわーい(嬉しい顔)
飛び先でいろいろな和菓子ブログが見られまするんるん
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ



posted by たると at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。