2009年06月27日

漫画(絵本)の中に描かれるお菓子は何故にそんなに美味しそうなのか?

描かれた和菓子(お菓子)って、実際に食べるよりも記憶に残ることって、ありますよね?
特に、小さい頃に読んだ絵本とか。
甘い物はあんまり食べちゃダメとか、金銭的にも自由にならない小学校時代とか。

私の「おいしい」本は、なんと言っても『ぐりとぐら』
卵と小麦粉と砂糖…混ぜただけで、もうごちそうるんるん


そして、『14匹のねずみシリーズ』。木の実とかとって木の家の中で食べる様子が羨ましくって!

  

あと、ちょっと角度を変えると?『ガラスの仮面』で、マヤが
パントマイムでラーメン(すでに甘いものではないですが…)を食べている様子とか!
(本物の)どろ饅頭を舞台の上で食べて(食べるはめになって)、
演技で「おらこんなめぇもの食ったことないだ〜」とか言ってるシーンとか…

 


そんなことを、図書館で借りてきたドラえもんの本を読みながら思い浮かべていました… ↓

ドラえもんの中の和菓子


そういえば、ドラえもんの好物って、和菓子(どら焼き)ですよねぇ。
う〜ん、懐かしい。
あ、『家なき少女』の「小さな島で食べる鳥の卵の目玉焼き?」もすっごく美味しそうだった!!
なんだか続々と思いだすなぁ。
人によって色々な食べ物の記憶がありそうで、面白そうわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
っていうか、誰かガラスの仮面の続きを催促してください…たらーっ(汗)

-----------------------------------------------------------------------------
和菓子ブログランキングに参加しています!宜しければ、応援クリックお願い致しますわーい(嬉しい顔)
飛び先でいろいろな和菓子ブログが見られまするんるん
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ



posted by たると at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子なキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。