2009年06月11日

社長の手土産、大原松露饅頭。

残業していたら、突然社長登場ぴかぴか(新しい)

「これ皆で食べて」

と言いつつ、さらっと去ってゆきました。

阿わび屋の松露饅頭。

佐賀県のお土産のようです。
お客様からの手土産だろうな〜るんるん
社長秘書が目の前にいると、このようなお菓子がたま〜にまわってきて、ホント楽しいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

松露饅頭

【ちなみに松露饅頭の由来】
→豊臣秀吉が、朝鮮出兵(文禄の役)後、高麗から陶器と一緒に渡ってきた文化の中に焼饅頭がありました。
その後、江戸後期になり当家の先祖、阿わび屋惣兵衛が焼饅頭に創意工夫をこらし、時の藩主小笠原侯に献上したところ、当地の虹の松原(日本三大松原のひとつ)に、四、五月頃、松の根元の砂から自生する、球状の松露(キノコの一種)のコロコロとつぶらな姿に似ていることから「松露饅頭」とつけられました。


松露饅頭

味は、上品。やっぱり社長土産だからでしょうか…
思ったより甘くなくて、餡子も軽めで、さらっと食べれます。
やっぱり、社長への手土産に紅葉饅頭とか東京ばな奈とかでは、
なんか締まらない感じですよねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
あまりに斬新なお菓子もなんだし、やはりここは、
老舗の「アノ」お菓子!というのが外さない感じなのでしょう。

  

-----------------------------------------------------------------------------
和菓子ブログランキングに参加しています!宜しければ、応援クリックお願い致しますわーい(嬉しい顔)
飛び先でいろいろな和菓子ブログが見られまするんるん
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ



posted by たると at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 和菓子(九州〜沖縄) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。