2008年12月16日

末富の上生菓子、木枯らし

さて。なぜ京都駅で終電をむかえた私がわざわざ四条に向かったか(昨日の日記参照)ですが、

なぜでしょう?




そう。。繁華街四条には、高島屋がある。
高島屋には和菓子の老舗がたくさん集まっている。
そして末富。午前中にはすべての上生菓子が売り切れる末富。

そうか…四条に泊まったら、朝から買いに行けるじゃないの…
というワケ。
というか、末富買わなきゃやってられない位キツイ1週間でした
自らへのご褒美。

末富の上生菓子、木枯らし

末富の、「木枯らし」。
まわりはじょうよ饅頭生地。ひとつ内側に漉し餡。さらに内側に粒白餡。
嗚呼〜さすがは末富。甘さが、いわゆる砂糖の甘さを感じさせない。
「和菓子の」甘さ。
口の中にしっとりと広がっていく充実感。
癒される…

ところで、11時に買いに行ったにも関わらず、末富のクリスマス上生菓子は既に完売でした!
きんとんのツリー2種とクリスマス模様のじょうよう饅頭。
3つで1600円ちょい。って、割ると恐ろしいお値段ですが…たらーっ(汗)たらーっ(汗)

-----------------------------------------------------------------------------
和菓子ブログランキングに参加しています!宜しければ、応援クリックお願い致しますわーい(嬉しい顔)
飛び先でいろいろな和菓子ブログが見られまするんるん
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ



posted by たると at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 末富(京都) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。