2008年12月07日

京都の冬の訪れを告げる、北山しぐれ。

北山しぐれ…と聞いて、

「あぁ。冬ですねぇ…」

と答えられる人って、どのくらいいるんでしょう?
私は昨日初めて知りました。

京都の冬の訪れを告げる、北山しぐれ。

千本玉寿軒の上生菓子、「北山しぐれ」

和菓子、とりわけ上生菓子は季節の細やかな移り変わりを題材に作られることがほとんど。
となると、この北山しぐれとはなんぞや?
というわけで、調べたのです。

京都では、冬が近づくと北山で小雨がよく降るそうです。
北山が時雨(しぐれ)ると、厳しい底冷えのする京都の冬が本格的に始まる、
つまり、この和菓子は本格的な冬の訪れを告げているのです。
外部の人間にはなかなかわからない京都独自の季節感ですね…
奥が深い。

京都の冬の訪れを告げる、北山しぐれ。

じょうよ饅頭はもっちりしっとりとしてかなり美味しかったですわーい(嬉しい顔)
ふかふかのお布団のようです…
ちなみに絵柄は北山杉。

-----------------------------------------------------------------------------
和菓子ブログランキングに参加しています!宜しければ、応援クリックお願い致しますわーい(嬉しい顔)
飛び先でいろいろな和菓子ブログが見られまするんるん
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ



-----------------------------------------------------------------------------
和菓子ブログランキングに参加しています!宜しければ、応援クリックお願い致しますわーい(嬉しい顔)
飛び先でいろいろな和菓子ブログが見られまするんるん
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ



posted by たると at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玉壽軒(京都) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。